林業公社の目的等

名 称
公益社団法人島根県林業公社
所在地
島根県松江市黒田町432番地1 島根県土地改良会館3F
設立年月日
昭和40年6月16日
性 格
公益社団法人(整備法第44条の規定に基づく法人)
設立趣旨
 本県の林野面積は、約52万haで県土の80%を占め、しかもその大半は民有林であるが、育成的林業の歴史が浅く、その資源構成は極めて貧弱で、戦後の意欲的造林にもかかわらず、公社発足当時の人工林率は19%に過ぎなかった。
そこで拡大造林を一層推進する必要と、高度経済成長にゆれる経済基盤の弱い本県の実情を踏まえ低開発地域を主体にして、分収造林方式による計画的、組織的な造林を実施し、森林資源の造成と、県土の保全、水資源のかん養等をとおして、農山村経済の振興と地域住民の福祉の向上を図る目的をもって昭和40年県、市町村並びに県森林組合連合会を社員とする島根県造林公社を設立した。
事 業
1. 造林、育林及び伐採に関する事業。
2. 分収造林及び分収育林の促進に関する事業。
3. 森林の経営、施業及び調査に関する事業。
4. 農山村振興のための事業または公共施設の整備。
5. 森林、林業に関する普及・啓発。
6. 林業の担い手育成確保強化及び林業労働者の雇用改善促進に関する事業。
7. その他公社の目的達成に必要な事業。
↑ページのトップ